セブでのんびり・ゆったりスローライフ 海外で第二の人生を送ろうと考えている方も多いと思います。そんな貴方にゲストハウスのオーナーがお勧めです。実例がフィリピンのマクタン島にあります。
旅好きで始めたホームステイするような小さなゲストハウス。”Dee GuestHouse”はセブ、マクタン島で多くの旅行者に賛同を頂き、営業開始早々から非常に良いレビューを頂いています。
民家を借りて余った部屋をリフォームし提供しているだけですが、いつも旅行者とのふれあいがあり、会話に溢れ、時には食事をご一緒したり振舞ったりが日常となっています。もちろん、良いことばかりではなく深夜着や深夜発など眠たいのに眠れない時もありますけれど、幸運にも自分達が慎ましく生活するだけの現金収入を得ています。

私の生業が建築家でありコンサルタントだからできると言う方もいますが、日本人ならそれほど難しいものではありません。折角なので、この経験をセブでスローライフで住むことを考えられている方々とシェアーしたいと思います。身近にオーナーが増えることで、さらに暮らしの自由度が増すに違いありません。
■よくあるコンドミニアムへの投資や購入のお話しではありません。
■シェアーハウスのように中長期に共同生活を送るわけでもありません。
■フィリピン通貨はペソです。暮らしていくにはペソが要ります。ゲストハウスはペソ建てで支払いを受けていますので為替レートに影響されません。
■現地での売上・収益はフィリピン国内で処理しますので、日本国内での課税対象となりません。(控除対象ともなりません)

ゲストハウスの経営では実業として人と地元と経営に携わりながら、慎ましく自由に暮らしていくことを目指しています。働くという生き甲斐と地元とのつながり。旅人との一期一会のふれあいによる生涯学習の機会。リタイヤ後に必要となる”長く住み続けられるスタイル”だと確信しています。
Dee GuestHouse Owner Link ■ゲストハウスのマーケットリサーチから物件探し、契約の立会いや代行
■予約サイトへの登録、情報更新業務
■ゲストへのアフターフォロー、リサーチ
■清掃やリネン交換などの日常業務代行
■宿泊マネージメント
■建物・設備等のメンテナス
など、ゲストハウスの開業・運営に必要なスキルを提供できます。

フィリピンにおいてはゲストハウス経営には営業許可が必要です。この許可は外国人には許可されません。(法人は許可されますが、法人要件はフィリピン人が60%の資本を持つ必要があります。そもそもゲストハウスに法人格は論外です。)
※Dee GuestHouseでは Len Pumaren が管理者であり納税義務者として登録しています。
※毎月の納税等は税理士のサポート・監査を受けております。

新たなゲストハウスは当ゲストハウスのFCとし"Dee GuestHouse"のブランドをつけ、ブランチとして展開いたします。

※建物賃貸契約はブランチ開設のため共同名義とします。
尚、万一ゲストハウスを止められた後も継続して賃貸できるよう、単独名義の変更特約を設けます。
※資金の領収書等はご本人名義となり、当然ながら保証金等の権利者です。
※ブランチ名は(Dee GuestHouse◯◯)となり、開設者・届出者はLen Pumarenとなります。
※予約サイトへの登録・名義は開設者となりますが、宿泊代金の収納口座はご本人様になります。(代行口座で収納し通帳をお渡しすることもできます)お金の流れの透明性を確保するために原則、当方で収納することはしません。
※予約管理は基本的にはご本人にして頂きます。このため、ご本人の意思でいつでも事業を止めることが可能です。
費 用 相談は無料ですが当地に来て実体験することをお勧
めします。仲間としてスローライフを楽しめるかど
うかは互いにとても重要です。
また、サービス業であるため展開エリアを限定して
おります。
現地の経済状況や旅行者の推移、同業他社との競争
力などの変化によりご希望を満たさない場合はFC展
開をしません。悪しからずご了承下さい。


コンサルフィー
P1,500/時間 セブのゲストハウスにて行います。

(必須)FC加盟料
建物月極め賃貸料金✖️3ヶ月分
・営業許可申請・ブランチ開業届けなど許認可取得
・予約サイトへの登録(撮影代金含む)
・各種契約のサポートなど。

・着手後は返却しませんのでご注意下さい。

開業に伴う費用
諸費用 ✖️15%
インテリア・什器備品のコーディネート
・エクステリアコーディネート

(必須)
管理費用
月額売上げ ✖️10〜30%
ABOUT
屋 号
Dee Guesthouse
ディーゲストハウス
所在地
129 White sands Resort Villa, Mactan, Lapu-Lapu city, Cebu 6015
代表者
Kazuya Taru
建築家
維持管理コンサルタント
株式会社新しい群・都市住まい研究所 代表取締役
1956.01.15 神戸市生まれ
管理者
Aileen Pumaren
連絡先
phone: +63(032)494-0224
お問合せメールはこちらへ